ゲストさん こんにちは!

HOME > > 日本野鳥の会連携団体の出版物 > 日本野鳥の会奈良支部発行「奈良の野鳥ものがたり」

日本野鳥の会奈良支部発行「奈良の野鳥ものがたり」

日本野鳥の会奈良支部発行「奈良の野鳥ものがたり」

商品番号 6015

販売価格1,728円(税込)

数量
友達にメールで知らせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

●日本野鳥の会奈良支部が発足してからほぼ半世紀。
その間の野鳥の変化を、会員の生の声で語り、記録をまとめた一冊。

●調査報告書ではなく、読み物として楽しめる一冊です。


〜**〜 日本野鳥の会奈良支部より、発刊にあたって 〜**〜

「変わりゆく野鳥の世界」を会員の生の声で語ることで、
「今、自然に何がおきているか?」を皆さまにお伝えしたいです。

幻の鳥イヌワシ、
絶滅が心配されるコマドリ、
ひっそりと消えていくヤマセミのものがたり等・・・
奈良に生きる野鳥から情報発信したいと思います。


【目次】

・今、自然におきていること
・奈良の野鳥 移り変わり
・春日山原始林〜現代に息づく畏怖の森〜
・街なか、野鳥の園 平城宮跡〜水上池
・平城宮跡、ツバメの集団ねぐらの観察
・大和平野で見られるサギ類8種の生息状況の移り変わり
 〜1977年から2011年までの35年間〜
・イソヒヨドリ 最近の大繁殖の原因は?
・カワウものがたり
・ヤマセミ(山翡翠)物語 〜初瀬谷に生きる〜
・カモ調査の40年
・奈良県でのタカ渡り観察
・吉野山地の野鳥の変化 クマタカとソウシチョウ
・紀伊山地のイヌワシ
・コマドリに明日はあるか
・二津野ダムのオシドリ
・奈良県下の観察種類の変化及び現状
・定例探鳥会等奈良支部の活動の歩み


■発行:トンボ出版
■編著者:日本野鳥の会奈良支部
■発行日:2013年5月1日
■約18cm×13cm、262ページ