ゲストさん こんにちは!

HOME > 日本野鳥の会 第7回 トリの市



日本野鳥の会 第7回トリの市 開催概要

開催日時:2018年12月15日(土)・16日(日)11:00〜17:00
会   場:日本野鳥の会 西五反田事務所[参照]
参 加 費:入場無料!

ご挨拶


今回も、ひとつひとつ心を込めてつくられた雑貨たちと
鳥や生きものを愛する作家さんが集まるトリの市。

ほっこりかわいい雑貨から、
ちょっぴりマニアックなものまで
たくさんの作品がやってきます。

作家さんと直接お話できるのも魅力のひとつ。
だいすきな鳥や雑貨のことをお話しながら
楽しい時間をおすごしください。


出展団体
◇いきもじ
◇革細工まつした
◇kurokuma
◇シルぶん工房 ◇すずめ工房
※16日のみ出展
◇なかいつこ
◇なまけもの社 ◇南極ホタル堂 ◇みなかわねこ
◇ヨツモトユキ
※15日のみ出展
◇いきもじ ウェブサイト


「いきもの」と「もじ」を組み合わせて「いきもじ」。漢字の中に、 いきもののイラストが絶妙にデザインされています。鶴や鶯など鳥好きさんなら序の口なものから、 鵙や鵠などマニアもうなる漢字まで多数登場します。湯呑みやてぬぐい、マスキングテープなどがあるので、 自慢するもよし、クイズするもよしです。 こんなにワクワクする雑貨は、そうそうありません!全問正解目指してチャレンジしてみてください。


▲上にもどる
◇革細工まつした ウェブサイト


革を使ってブローチなどの小物をつくられる、革細工まつしたさん。 動物や草花がたくさん登場しますが、どれも革の上品さや色合いにほれぼれします。 かわいい動物たちの中に、ちょっとマニアックな鳥が混ざっているのも鳥好きにはたまりません。 おしゃれ好きの女性たちの声にお応えし、2度目の出展です!


▲上にもどる
◇kurokuma ウェブサイト


ワイヤーに毛糸を巻きつけて動物をつくる、kurokumaさん。 表情、質感、フォルム、どれをとっても愛嬌たっぷりの動物たち! 羽根やくちばし、足などの一部が動くので、好きなポーズに変えてアレンジを楽しむこともできます。 身につけたり、飾ったり、そばに置きたくなる子ばかりです。 実際に見て・触って・楽しみながらお気に入りを見つけてくださいね。


▲上にもどる

◇シルぶん工房 ウェブサイト

カメラを持ってお散歩しているうちにバードウォッチングを始めていたという、シルぶん工房さん。 観察しているだけあって、特徴のとらえ方も絶妙!「鳥に出会ったときの一瞬の気持ちを大切にして、 地味な鳥でも心に留まるような生命感が出せれば」とお話しされるとおり、 身近な野鳥に出会ったときの「かわいい」や「わくわく」が思い浮かぶような雑貨ばかりです。


▲上にもどる
◇すずめ工房※16日(日)のみ出展ウェブサイト

野鳥をモチーフに、羊毛フェルトでストラップやブローチをつくるすずめ工房さん。 2度目の出展で、今回もころんとした鳥や、羽を広げて飛び立つ鳥たちがやって来ます。 ひとつひとつ違う顔や形なので、この子!という1羽を連れて帰ってくださいね。 (もちろん何羽でも)ちょっぴりコワモテ…?と見せかけて、 笑顔がステキでとっても優しい作家さんとのおしゃべりもぜひ!


▲上にもどる
◇なか いつこ ウェブサイト

身近な野鳥や植物をモチーフにした作品をつくられている、なかいつこさん。 鳥のフォルムや色合いをおしゃれに優しく表現されているので、 ふだんの生活の中で野鳥を感じ、楽しめる雑貨ばかりです。 独特の風合いを感じるイラストは、印刷方法やてぬぐいの染め方もこだわっているので、 実際に手にとってご覧ください!


▲上にもどる
◇なまけもの社 ウェブサイト

消しゴムはんこ作家の「羊屋」さんと「地球堂はんこ」さんがユニットを組んだ、なまけもの社さん。 生きものの特徴を驚くほど精巧に表現されており、これ…はんこ!?と見入ってしまいます。 持ち物や贈り物、お手紙など何にでも押したくなっちゃうはんこ、自慢できること間違いなしです。 ぜひじっくりとご覧ください!


▲上にもどる
◇南極ホタル堂 ウェブサイト

鳥や動物をモチーフに、「かわいさ」と「かっこよさ」が 融合したイラストを描かれる、南極ホタル堂さん。 見た人が思わず頬を緩めるような、すこしユニークな作品を 目指しているとおっしゃるとおり、鳥をアルファベットに見立てたり、 彩り豊かな動物たちは、見た人を楽しませてくれます。 イラストだけでなく、ピンバッジやポーチなど、 様々な雑貨がやってくるのでお楽しみに!


▲上にもどる
◇みなかわねこ ウェブサイト

都電の走る街で猫と暮らしながら、小さなアトリエの小さな窯で、 小さな器をつくっているというみなかわねこさん。 そんなのんびり、あたたかい雰囲気が器にも表れています。 今回は、猫だけでなく、相棒のミミズク、スズメの豆皿もやってきます。 どれも手描きで丁寧につくられた器、ゆったり食卓を囲みたくなるような器を見つけてください。


▲上にもどる
◇ヨツモトユキ ※15日(土)のみ出展ウェブサイト

ちょっとおとぼけな鳥が登場するヨツモトユキさんのイラスト。 シンプルで普段の生活にすっと入っていける雑貨ながら、 ユーモアを感じるイラストは見る人を楽しくさせてくれます。 (SNSで公開しているイラストもおすすめなので、ぜひご覧くださいね!) 紙もの雑貨や手ぬぐいなどがやって来る予定ですが、15日のみの出展なのでお見逃しなく!


▲上にもどる

■会場

(公財)日本野鳥の会 西五反田事務所
〒141-0031
東京都品川区西五反田 3-9-23 丸和ビル3階
直営店「バードショップ」





▲東急目黒線 不動前駅から徒歩約5分
▲JR五反田駅・目黒駅から徒歩約10分



■お問合せ


日本野鳥の会 直営店「バードショップ」

T E L:03-5436-2624(11:00〜17:00まで/日・祝日休業)※12月16日(日)は開店
メール:birdshop@wbsj.org